Dynabook AX/54F 分解後、起動しなくなった

AX/54F

TOSHIBA dynabook AX/54F、分解・組み立て後、正常に起動しなくなってしまったそうです。

ご依頼内容では、分解時、どこかを破損したのではないかということですが、意味不明な解決となりました。

バッテリー充電ができなくなったため、パソコン内部のDCアダプタの故障かと思い、DCアダプタの断線確認するため、分解しましたが、断線なかったため、再組み立てしました。その後、起動せず(分解前は起動してました)。ACアダプタを調達し、接続してみると、充電できようになりました。この時点で、最初の故障の原因がACアダプタとわかりましたが、パソコンは起動せず。空けたときにどこかを破損させたか、ホコリによるショート?か、といった感じです。電源ランプは付きますが、画面表示せず、HDDの読み込みもしない模様。そのうち、何回か再起動をしているよういですが、そのうち電源が落ちます。

通電はしています。再起動を繰り返すと言うことで、プロードライザの劣化も考えられましたが、バッテリーのみでの起動でも同症状。

AX/54F

なんだろうか…。分解していきます。お客様での分解は画像部分まで↓。とくに問題はないように思えます。

AX/54F

マザーボードを取り外します。

AX/54F

まずはCPU交換から。

AX/54F

ん?映った。エラー表示は「The firmware has detected that a CMOS battery failure occurred.[F1]continue,[F2]to setup.」CMOS電池?電圧は正常です。

AX/54F

その後、CPUを戻しても起動することが判明。エラー表示が出たのは1度きりで、その後は問題なく起動しています。

AX/54F

CMOSバッテリーは半田付けされているので、外した覚えはありませんが、意味不明な復活となりました。

AX/54F

BIOSを開いてみると、日付がリセットされている…。CMOSが勝手にクリアされたようです。私はやってません。

AX/54F

CPUファンなど、内部にホコリが蓄積していたため、全体の清掃を行い返却となりました。うーん、何か釈然としませんが、CPUを一旦交換したことが、復活のきっかけになったことは間違いないです。