SONY VAIO VGC-V173 電源入らず

SONY VAIO VGC-V173 分解

VAIOの一体型パソコン VGC-V173です。

突如、電源を入れても無反応になってしまったそうです。SONYの修理見積もりが5万円、10日前後での修理とのことです。そこで、当社に急遽ご依頼頂きました。

原因が特定できてもいないのに、5万円って…バカ高ですね。

引き取り後、あらためて電源を入れてみます…なんの反応もありません。まずは足の部分のカバーを外します。ハードディスクと電源が顔を出します。ハードディスクの交換は簡単にできる作りになっていますね。

そして、足の内部に収められた電源部のホコリの凄いこと。取り外す前に外側から掃除機でソレを吸い取ります。コンデンサーをチェックするため、電源を取り外して、禁断のご開帳です。内部のホコリにもびっくり。綿埃が積もった状態です。目視ではコンデンサーに異常なし、代替え電源でも症状は変わりません。

次はマザーボードのチェックです。これがまた容易ではありません。書くのが嫌になるほど工程が多い。排気口、マザーボード上、ファン内部にも綿埃がいっぱいです。私がクリーニングした中で歴代一位です。

画像の通り、なんとかマザーボード全体をチェックできる状態になりました。コンデンサーの膨らみはありません。と、ひとつひとつの部品をジロジロ見ていくと…ありました、不具合と思われる箇所が。面実装型のヒューズが複数ヶ所、飛んでいます(焦げ)。電源内部の綿埃が原因なのでしょうか?

この面実装のヒューズをサクッと交換すればカッコ良かったのですが、カッコつけるためにやっているわけではないので、運良く入手できたマザーボードと交換して修理の完了とさせていただきました。

SONYの見積もりの約4割、2泊3日でのご返却となりました。

一般家庭で吸い込んでしまったホコリの対処方法はありません。SONYさん、吸気部はメッシュ加工するとか、もう少し気を遣ったものを作って下さい。