LaVIe PC-LL550RG チップセットリフロー&CPU交換修理 両方壊れる理由とは

PC-LL550RG

電源は入るも画面は真っ暗という、毎度おなじみ、NEC LaVie LL550/Rです。

結論はタイトルの通りですが、不思議だったチップセットとCPUが同時に壊れる理由がわかった気がします。

今回は詳細なメモを送っていただきました。壊れた前兆として、画面が映らなくなったが、数分~数時間待つと映る。そしてついには、いつまで待っても映らなくなったとの事。

チップセットの半田不良です。チップセット、または基板が時間が経って温まる事により、剥がれた半田の接点が一時的に復活していたのではないでしょうか。

まずはCPUを交換して起動を試みます。症状は変わりません。CPUとチップセットの両方が壊れる場合が結構多いことがわかっているので、テスト用のCPUは付けたままで次の作業へ。

チップセットの加熱です。一度目。軽く暖め様子を見ますが起動してきません。

PC-LL550RG

二度目。元凶はここだと自信がありましたので、コーナーボンドを剥がして再リフロー。

PC-LL550RG

通常は出来るだけ修理痕を残したくないので剥がしません。

PC-LL550RG

おっ、仮組みでNECのロゴが来ましたね。

PC-LL550RG

この後、元のCPUに戻してテスト。すると…起動しませんでした。CPUも壊れていました。

PC-LL550RG

両方壊れる原因は…

今回の場合、完全に壊れてから、お客様がファンのホコリを除去したそうです。それもかなりの量を。

ホコリが排熱の邪魔をしてチップセットが異常加熱、チップの半田が破損。何度も強制再起動したり、そのまま放置すると熱で破損部分が一時的に回復。

そのような状態で騙し騙し使っていると、同じように排熱不足でCPU側が壊れる。この時点でトドメを刺した事になり、後はいくら待っても起動できず。

…という事ではないか。あくまでも推測ですが、不具合が出た場合は早めの修理を提案します。

★2016年3月を以て、グラフィックチップの修理は、受付を終了しました。データ救出は対応可能です。