Lenovo ThinkPad x1 Carbon 2018 & 2nd Gen 2014 バックライトが点かない 2例

ThinkPad x1 carbon2018 バックライトが点かない

Lenovo ThinkPad x1 Carbon、バックライトが点かず、画面はうっすら映っているという症状の修理2事例を紹介。

まずは1例目、Carbon 2018。本体を落とした直後に表示が消えたそうです。

外部ディスプレイに繋ぐと移ります。本体の画面は、ほとんど真っ暗ですがうっすらと見えます。

ご自身で液晶やケーブルを交換したそうですが改善せず。

分解検査を行ったところ、バックライト用の電圧が出ていないため、マザーボードを取り出し、ヒューズを探します。

ThinkPad x1 carbon2018 分解

基板裏面のヒューズが切れていました。交換。

ThinkPad x1 carbon2018 ヒューズ交換

電圧が戻りました。

ThinkPad x1 carbon2018 バックライトが点かない

正常に表示されましたね。

ThinkPad x1 carbon2018 マザーボード修理

2例目、Carbon 2nd Gen 2014。

ThinkPad X1 Carbon 2nd Gen 2014 バックライトが点かない

液晶パネルが不良を起こしたため、自力交換したところバックライトがつかなくなりました。光を当てると液晶自体は動作しているようです。

少し前に1例目の修理をしてたので、お客様に、同機の修理実績がある、などとお伝えしてしまいましたが、中身は全然違っていました。世代が異なります。長く続いているシリーズモデルなんですね。

ThinkPad X1 Carbon 2nd Gen 2014 分解

こちらもマザーボードを取り外した裏側に切れたヒューズがあるようです。

ThinkPad X1 Carbon 2nd Gen 2014 マザーボード修理

ごま粒大のチップヒューズを交換します。

ThinkPad X1 Carbon 2nd Gen 2014 ヒューズ交換

無事に動作しました。

ThinkPad X1 Carbon 2nd Gen 2014 マザーボード修理

もう何度もこのブログに書いていますが、ご自身でパネルを交換する際は、必ずバッテリーを外しましょう。基板を破損すると、後々、高く付いてしまいますよ。