Lenovo B590 20206 電源が入らない マザーボード修理

Lenovo B590 電源が入らない

Lenovo B590 20206/59410440、電源ボタンを押しても何の反応もありません。

この記事、私としては珍しく、修理翌日に書いています。部品を取っ替え引っ替えしたので、後から記事にする際に、絶対に細かい内容を忘れていて、お蔵入りになる可能性が高いためですw

今月に入り電源が入らなくなりました。スイッチも点灯しません。バッテリーを取り外して、放置後に再度電源コードを差すこと、数回試しましたが無理でした。

無料査定の店舗に持ち込んだところ、バッテリーを取り外して、店舗の電源コードを繋ぎ、スイッチボタンを押していました。その結果、中身の故障となるので、3~4万円位かかると言われました(データ救出のみも同額)。

お近くなので、お問い合せ当日夜にお持ち込み。ショップではたいしたことはしてないようですが、ACアダプターは正常であると言えそうです(この店近くなので知ってますが、データ救出料は高すぎだろ…)。

さて、時間も時間なので(20時過ぎ)、あえて下調べ無しで挑戦してみましょう。

B590は別のお客様から何度か預かったことがありますが、分解するのは初めてです。解体方法はオーソドックス。

ちなみに自前のDC電源で、内部ショートしていることは確認済みなので、余計なことはせずにガンガンばらしていきます(外周のUSBやHDMI端子にショートが無いことも確認済み)。

Lenovo B590 分解

いつも通りの黒シート。しつこいようですが、ウザいです。

Lenovo B590 分解

ファンには結構なホコリが溜まっていました。きれいにしておきましょう。

Lenovo B590 CPUファン

ざっとヒューズやらコンデンサを検査して、怪しいとにらんだ部分は3箇所。

1ヶ所目はDC電源直下の回路。

Lenovo B590 マザーボード修理

2番目はメモリー脇。

Lenovo B590 マザーボード修理

3番目は、2番目の裏面に当たる場所。1~3のチップ部品からは、もれなくショート反応が出ています。

Lenovo B590 マザーボード修理

まずは、赤丸内のチップコンデンサとMOSFETに不良反応。どっちだろーねー。

MOSFETはゲート・ソース・ドレインどの端子の組み合わせでもショート。パターンを見る限り、横のチップコンがショートしていても、ソースとゲートだけのショートで収まりそうな気がする。逆にこのMOSFETがショートしていると、横のチップコンもショート反応が出る。ちなみにショートしまくりなので、電圧等は計っていません(最後まで一度も)。

Lenovo B590 マザーボード修理

やっぱ、このMOSFETの反応はおかしいよね。運良く手持ち在庫があったので、交換して見ることに。

取り外し後、このICはフルショート、故障確定。新しいものを半田付けすると、横のコンデンサ含めショート反応は消えました。

んが、上で書いた2と3部分のショートは消えていません。発熱部品でも探してみるか、と電源プラグを差すと、当然ショートのまま。そして、

『ヤッベッ!』

Lenovo B590 マザーボード修理

今交換したばかりのMOSFETから煙がモクモク~ 発煙しました(笑

Lenovo B590 マザーボード修理

このICを破壊した原因が別の場所にあるようです。

よく見なきゃダメだよね。3番目に疑っていたチップコンデンサ、良く磨いてから、目をこらして良ーく見ると、サイド部分にかすかな破裂痕。

Lenovo B590 マザーボード修理

交換します。

さきほど煙を上げたMOSFETはまだショートしていないので、一瞬だけ通電させてみました。しかし…まだ、ショート状態。他にも何かあるの?

Lenovo B590 マザーボード修理

しっかりと検査するため、一時的に元のショートしていたMOSFETを戻します。

Lenovo B590 マザーボード修理

また、モクモクするといやだから。

Lenovo B590 マザーボード修理

もう結構な時間が経っています。何とか今日中には見つけ出したい。

Lenovo B590 マザーボード修理

発熱&ショートしているコンデンサがありました。

Lenovo B590 マザーボード修理

↑の画像の裏側、黒い保護シートの下にもありました。見逃してた。

Lenovo B590 マザーボード修理

顕微鏡を覗いても破損は見えず。電極が剥げているのは、保護シートの粘着力に持って行かれたか(シート側にくっ付いている)。

しかし、レンズの角度や照明の当て具合を調節すると、ハッキリとした1本線が!2mm程度のチップなので、私の肉眼では判別出来ません。

Lenovo B590 コンデンサ交換

こちらも交換します。

Lenovo B590 コンデンサ交換

この一帯の導通も止まったので、MOSFETを新たなものに付け替えます。

Lenovo B590 MOS-FET交換

も-う、終わりにしようよ。疲れたよ。

Lenovo B590 マザーボード修理

電源のショートが収まっていたので、わかってはいましたが、無事に動きました。素直に嬉しいです。

Lenovo B590 マザーボード修理

ひとつは私が燃やしかけたMOSFET。1回の故障でふたつのコンデンサが吹っ飛ぶことなんてあるんですかね?私は初めての経験です。作業途中で飛ばした?

Lenovo B590 マザーボード修理

組み上げました。電圧も安定しています。

もうすぐ0時。4時間近くやってましたね。

Lenovo B590 マザーボード修理

一晩のお預かりで返却となりました。お引き取りの際、とても喜んで頂けたのが伝わってきて、成功して良かったとあらためて思いました。ありがとうございました。