パソコン修理日記

パソコンの修理事例や日常の戯言などを気の向いた時に綴っています。

Lenovo B590 HDDからSSDへ換装

Lenovo B590、15.6インチのスタンダードなノートパソコンです。ピカピカ。

まだ、購入したばかりですが、動作が遅く感じるので、SSDへ換装してしまいたいとのご相談。

先日、lenovo 590 を家族の一員が購入しました。CPUはCore-i3で、メモリは4Gでしたので、そこそこの処理スピードかとは思っていたのですが、思ったほどでなく、がっかりしています。新品ながら、立ち上がりの遅さにイライラの毎日です。

SSDは256GB。スペック、価格を吟味して頂いた上で、お客様に用意していただきました。

私自身も動作がもっさりしていると感じるのは、日頃からSSDのパフォーマンスに慣れてしまったからだと思います。

500GBのハードディスクから、256GBのSSDへディスクイメージを縮小コピーします。

付いていたHDDのS.M.A.R.T.情報。まだ全然使われていません。

取り外したHDDはメーカー修理の際には、戻すことになりますので、大切に保管していただきます。

はい、イメージの複製、換装が終わりました。無事起動です。起動時のタイムは、元のHDD:約60秒、交換したSSD:約26秒と、当然のごとく体感出来るスピードアップとなりました。

本機にはありませんでしたが、HDDの固定ネジ等に”warranty”シール(製品保証シール)が貼られていることがあります。このシールは剥がしてしまうとボロボロに砕けてしまい、再利用は不可、分解したことバレてしまい、メーカーの保証を受けることが出来なくなってしまいます。当方でも、マザーボードの半田修理などを施工した際、保証期間中は患部の分解を控えていただくよう、このシールを分解のキモとなる1本のネジ頭に貼り付ける場合があります。

今回のような保証期間中のご依頼は、保証シールに注意ですね。開けてみなければソレの存在がわからない…というのは怖いところです。