パソコン修理日記

パソコンの修理事例や日常の戯言などを気の向いた時に綴っています。

Dynabook TX/66C TX/66E 電源が落ちる、画像が乱れる 3台

TX/66C

TOSHIBA Dynabook TX/66C、TX/66E、TXシリーズの起動不良の修理挑戦が続きました。

直せなかったものもありますが、一通り紹介してみます。

Dynabook TX/66C ACアダプターでは起動しない、フリーズする

TX/66C、AX・TXシリーズ特有の不具合、バッテリーでは正常動作、ACを挿すとフリーズするという症状。

理屈はわかりませんが、CPU裏のプロードライザ(NEC TOKIN 0E128)を交換すると直ることが多いようです。

TX/66C

今回はあっさり復帰。あえて動作の軽いXPを入れているそうです。

TX/66C

Dynabook TX/66C 表示が乱れて起動しない、フリーズする

TX/66C

上記と同じTX/66C、こちらはバッテリー、AC、どちらでも正常起動できません。

BIOS操作時は正常なんですが、OS起動直後に激しく縦ラインが入ります。そのままフリーズ。

CDブートのLinux系OSでも、起動しかけて画面が大荒れ、フリーズしてしまいます。液晶ユニットごと交換してみましたが、症状は変わらず。

TX/66C

チップコンデンサの導通も皆無で原因がわかりません。

TX/66C

グラフィックはIntelのチップセットに内蔵。このチップセットでnVIDIAやAMDに良くあるGPU半田不良には出会ったことはありません。しかし、原因はここしか考えらないので、リフローや再実装まで試しました。結果は×。

結局マザーボード交換という不本意な修理となりました。

TX/66C

Dynabook TX/66E 起動が不安定、電源が落ちる オチ付き

TX/66EBL

こちらはTX66EBL、かなり調子が悪いようです。

起動は出来ますが、デスクトップ画面が表示された後、調子良ければ30分、悪くて数秒で電源が落ちます…

お話を聞く限り、ホコリの蓄積による熱暴走では?と考えていました。

到着したパソコンを取り出すと、バッテリーが付いていません。普段からバッテリーを外されているとの事でした。

当方にあったバッテリーを装着して起動を確認します。コレまたきましたね。バッテリーで起動後、ACプラグを挿すと電源が落ちます。

今まで直してきたものは、ACを挿すとフリーズしていました。これは挿した瞬間、電源が「バツンッ」と切れます。心臓に良くない…。

ネットで検索すると、この症状もプロードライザの交換で直ったとの記事がありました。とりあえず分解してみましょう。

TX/66EBL

ファンにはホコリが絡みついていました。外してみます。

TX/66EBL

おー、すごいホコリ。

TX/66EBL

それでもあなたは熱暴走ではないのですね。

TX/66EBL

疑いのあるコンデンサを交換してみましたが、改善には至りません。

TX/66EBL

やはりコレなのか。TX66Eのプロードライザは、0E907です。

TX/66EBL

ケースを破壊してみます。むむ、角の一部が焼けています。

TX/66EBL

交換後、おっ、ACで起動したと思いきや…

TX/66EBL

直後にフリーズ。

TX/66EBL

バッテリーでは正常起動。

TX/66EBL

結局、プロードライザを3つムダにしてギブアップ。

プロードライザ

最終的にはマザーボード交換を提案しましたが、ずいぶん長くお待たせしてしまった結果、新しいPCの購入のご意志が固まったということでした。

ご期待に添えず、申し訳ありませんでした。成功報酬ですので0円です。くやしいです。

【後日談】返却後、ヤマダ電機の長期保証に入られてた事に気付いたそうです(笑

この修理には最新の記事があります。・http://pc-pc.biz/wp/7925 ・http://pc-pc.biz/wp/7963